TOP > リクルート > 教育・研修制度

教育・研修制度

研修

 JA佐波伊勢崎では、職員一人一人のスキルアップを目的として、様々な研修を実施しています。特に新採用職員には先輩職員がマンツーマンで指導する「世話係制度」があり、入職当初の日常業務をサポートしています。

新採用職員
研修
  • 合同研修
     県下のJA新入職員を対象に3泊4日の合同研修会が開催されます。農協の生い立ちやその役割、理念など協同組合の理解を深めていただくとともに、社会人として必要な各種ビジネスマナーや心構えを学びます。他JAと合同で行うことから、新入職員同士交流の輪を広めることができます。
  • 現地研修
     合同研修後は実際の支店や事業所で一週間研修を行います。職場の雰囲気を肌で感じてもらうことにより、新入職員が持つイメージ・業務とのギャップを少なくすることを目的としています。組合員やお客様と接する機会もありますので、より業務に準じた研修になります。また、配属後は世話係制度など、上司や先輩職員によるOJTを実施します。
階層別
研修
  • キャリア別に必要な知識を習得し、求められている役割・任務を理解することにより職員としての意識を高めることを目的とした研修です。全職員が受講しJAとしての理念を共有するとともに、業務に対するモチベーションを高めます。
資格認証
研修
  • 協同組合を理解していただく研修であり、全職員に受講していただきます。また、研修後は試験を受けていただき、認証資格を取得していただきます。キャリアが進むにしたがって、初級〜上級と随時研修・試験をおこない、必要になる知識の習得を図ります。
資格取得
奨励制度
  • 職員の自己啓発意欲を喚起し、能力開発に資することを目的とした制度です。合格者については取得した資格に応じ、受講料、教材費、受験料、受験旅費を助成、また、奨励金を支給します。



資格試験

 日ごろの自己啓発を支援し、身に付けた知識を業務に活かすため、資格試験への積極的なチャレンジを推奨しています。


職員が取得した主な資格

  • 宅地建物取引主任者
  • ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 旅行業務取扱管理者
  • ケアマネージャー
  • 介護福祉士
  • ホームペルパー
  • 危険物取扱主任者
  • 毒劇物取扱主任者
  • 自動車整備士
  • 銀行業務検定試験 など


ページ上へ